ダンバー数にみるFacebook衰退の理由

2017年6月20日コラム

この記事の所要時間:210

ダンバー数という言葉をご存知でしょうか?

ダンバー数とは、
集落の人数が、150~」200名に落ち着くということをダンバーという人が発見し、命名した数のことです。

ダンバー数は、何を表しているのか?

「あなたの友達は何人?」という著書の中で、
ダンバーは、人の認知できる人数には、限界があると述べています。
ダンバー数とは、その認知の限界に近い数値で落ち着くということを示しているようです。
また、ダンバー数は、集落だけでなく、SNSなどの友達の数にも影響しているとダンバーは言及しています。

そして、SNSの友達数などもだいたい150~200に落ち着くみたいです。

本当にダンバー数に落ち着くの?

しかし、本当にダンバー数に落ち着くのでしょうか?
私などは、500人を超えています。
ダンバー数など当てはまらないようにも感じます。

でも、
もしダンバー数の考えが正しいと仮定すると、何が起きているのでしょう?
それは、Facebookの友達数が200名を超えているが多くの人にとって、Facebookが友達との関係性を維持するために機能しなくなってきているということではないでしょうか?

2016年のある調査では、facebookの友達の平均は、80名くらいのようです。

あなたは平均以上?それとも以下ですか?
5年以上経過した人の多くはいつの間にか200名を超えているということが起きているのでないでしょうか?

そうなると、
ダンバー数は大きく超えていることになります。
恐らくそういった人は、Facebookには飽きたという理由で、インスタグラムへと移行したり、SNS自体から距離を置いてしまっている可能性が高いと思います。

SNSの衰退

SNSでは、友達を作ることと維持することが、オンラインでは簡単にできるため、人の認知能力を無視して簡単に増えていきます。

そして、友達数はダンバー数を超え、飽和してしまうのではないでしょうか?
ダンバー数を超えた友達数を持つユーザーが増えれば、そのSNSは衰退に向かっていきます。
Facebookが正にそんな状況に差し掛かっていると私は考えています。

実は、組織も同じ

ダンバー数は人の認知能力に依存するものです。
なので、組織の効率という意味において、組織の規模とダンバー数は関係があると私は考えています。
つまり、150~200人くらいの組織に成長した時点で急に成長の速度が鈍化することがあり得るという話です。

こちらについては、現時点で実証できるサンプルが少ないので、またの機会に詳しく記事にしたいと思います。

LINEで送る
Pocket