この記事の所要時間:20

本当に起業と副業に違いがありますか?

先日、マックでコーヒーを飲んでいると女子高生が
「副業がダルくって。。」
という話をしていました。

「仕事もしてないのに、副業ってなんのこと?」と思い、しばらく聞き耳を立てていました。
どうもアルバイトのことのようです。

「学生は勉強するのが仕事。」に対する隠語みたいな感じなのでしょうか?
「なるほどなあ。」と思うと同時に、ふと気づきました。

「起業」と「副業」を分けて考えるのっておかしくないか?ということです。

学業とアルバイトくらい違いがあれば、別ものでいいと思います。

しかしながら、本業も副業も収入を得るという意味では同じ。
起業も収入を得るという意味では本業や副業と同じということです。

なので、無理に分けて考えないほうがいいんじゃないかと思ったんです。

気軽に考えよう

起業はリスクが大きいとか、副業では稼げないとか、本業を続けるべきか、といった悩みは一旦、脇に置きます。

そして、次の3つのことを気軽に考えてみましょう。

  • どんなプライベートを過ごしたいか?
  • そのためにどのくらい稼げるようになりたいか?
  • 稼ぎたい金額を得るためにどんな働き方をしてたいか?

どんなプライベートを過ごしたいか?

あなたは、どんな生活をしたいですか?

「平日は毎日飲み歩きたい」とかでも結構です。
できるだけ、具体的に平日、休日のプライベートについて、理想を感がてみてください。

そのためにどのくらい稼げるようになりたいか?

あなたの理想のプライベートを過ごすために、どのくらいの金額が必要でしたか?
その金額+アルファがあなたが稼げるようになりたい金額になります。

稼ぎたい金額を得るためにどんな働き方をしてたいか

働き方について、質問をもう少しだけ具体的にします。
次の3つを考えてください。

  • 働ける時間
  • 雇用形態
  • 自分のスキル

これも、未来の働き方で結構です。

一日5時間。
在宅でフリーランスとして働きたい。
ライティングやデザインの高いスキルを身に付けて、バリバリ仕事をこなしたい。
といった感じで十分です。

あとはやるだけ

難しく考える必要はありません。
ゴールが決まれば、収入源は手段です。

収入源を得るために自分にとって、一番気持ちが楽なものを選べばいいのです。
何を選択するか。すべてあなた次第です。

Pocket