この記事の所要時間:30

Aさん「どうしたらライティングの仕事で10万円稼げますか?」
Bさん「Aさんは1ヶ月に何時間働けますか?」
Aさん「平日は仕事があるので2時間、土日は1日当たり6時間は頑張れます」

そんなAさん。平日20日だとすると40時間、土日が8日間だとして48時間で88時間働けることになります。
時給換算すると1136円で月10万円。

「時給1136円って高くない?」

確かに頑張らないとムリ感がありますよね。

Aさんが1文字1円で文字数1200文字のライティングの仕事を受けたとします。
Aさんのタイピング速度が1分当たり120文字くらいであれば、10分で1200文字くらい打てます。
なので、全体の構成や編集に50分かけても時給1200円になります。

「これならいけそうな気がしませんか?ライティングの仕事で月10万円。」

ライティングの仕事では、タイピングにかける時間が少ないほど、構成を考えたり、編集したりする部分に時間を割くことができます。

「ブラインドタッチ」ができるようになれば、ライティングのお仕事で稼ぎやすくなることは間違いありません。

1200文字を10分で打てる技術

月10万円を90時間で稼げるようにするには、10分で1200文字くらい打てるようにならないといけません。

不安に感じるかもしれませんが、10分で1200文字⇒1分で120文字はそこまで難しくないんです。
あなたがブラインドタッチできるなら。

ブラインドタッチを1日2時間14日間でマスターしよう

ブラインドタッチは、手元を見ずにタイピングすることですよね。

「手元をみないでタイピングするために必要なことってなんでしょう?」

それは、キーボードの配列を指が覚えてしまうことです。

まずは「ひらがな」

「配列が複雑。だから覚えれない。ブラインドタッチ無理!!!」
と思っている人が多すぎです。

でも、日頃の文章を考えてください。
&、%、=といった記号を頻繁に使いますか?

そうなんです。使いません。
ひらがなで十分なんです。

練習をはじめる

ひらがなを打つのも一苦労というあなた。
ブラインドタッチを学ぶのにもってこいのウェブサイトがあります。(無料です)
なるほどタイピング

「ひらがな」のブラインドタッチ

「かな、基本50音順」という練習を選択。指の位置もガイドしてくれます。

ひたすら打ってください。指が覚えるまで繰り返し。

まったくの素人。タイピングなんて初めて。そんな人でも1日2時間を10日間。
その努力は報われます。基本の50音を1分間あたり120文字で打てるようになります。

さらに「ざじずぜぞ」「りゃりゅりょ」「ぁぃぅぇぉ」などの文字についても、その後4日間頑張れば、キーボードを見なくとも打てるようになります。(「かな 基本+」という練習を選択)

14日あれば、ブラインドタッチの主要な部分は身につくわけです。

ブラインドタッチは一生役に立つ

「中島らも」曰く。「作家になりたいなら、床が抜けるほど本を読むことだ」
ライティングの仕事はインプットが大事です。
ライティングに使えそうなネタにいつもアンテナを張りましょう。

次は、とにかく書く。書きまくる。
でも、書くこと自体に時間がかかってしまうのは、もったいない。

だから、ブラインドタッチです。
一度身につけば自転車にいつまでも乗れるようなもの。

一生役に立ちます。

そして、ブラインドタッチを覚えたら、挑戦してみてください。ライティングのお仕事。
ライティング特化型在宅ワークのサグーワークス

Pocket