ありがちな!?日本語の勘違い

すべらない話

自動車を買い替えようと、ディーラー巡りをしていた時の面白い話です。

とあるディーラーで、夫と一緒に営業マンの熱弁を聞き入ってました。
私は内心「この車にもう決めていいんじゃない?」と思っていて、夫もほぼ同じ気持ちだったはず。
でも、出来る限り好条件で購入したいために、彼なりに頑張って渋っている態度を見せている様子でした。
営業マンも、あと一息で契約してもらえると確信していて、それはそれは頑張っていました。

「今なら30台に限り、値引き価格で提供できます。サービスで選べるプレゼントもお付けします!」
すると、「30ダイ限定か…あと少しだな。早く買わなければ安くならないのか。」と夫のつぶやきが。
営業マン、更に続けます。「限定30台ですが、今ならまだ間に合いますよ!」 私はこの時点でまさか、とは思ったのですが。
夫婦生活10年。夫の勘違いをすぐに見破ってしまいました。

今となっても笑える話ですが、夫は完全に「30台」を「30代」だと思い込んでいました。
39歳の夫は、2週間後に誕生日を控えていました。
何とか誤魔化してあげようと私なりに試みていたのですが、いよいよ夫が発言してしまいました。
「30代もあと2週間なんですよねー。誕生日がきて40代になってしまう。」
30代にしか安く提供できない車なんてあるでしょうか。ここで皆がようやく勘違いに気付き、笑ったのでした。

私たち夫婦のすべらない話として今も良い思い出です。

Pocket