5分で学ぶ!文章を「 編集 」するコツ3

2017年3月30日副業

この記事の所要時間:330

『5分で学ぶ!文章を「 編集 」するコツ』シリーズの第3弾です。

今回は、ゴールを2種類用意して、2種類の文章を作成したいと思います。

教育関連のお仕事

教育関連の仕事に就いています。まだ働き始めてから3年ですが、ようやく慣れてきました。子ども相手の仕事ですから、働き始めた頃はかなり緊張していました。うまく受け答えができなかったり、子ども一人一人への配慮が足りなかったりして、失敗してしまうこともよくありました。話しかけたいとソワソワしている子どもがいるのに、なかなか対応できなかったために悔やんだこともあります。

けれど、落ち込んでばかりいたら働き続けることはできません。まずは、子どもたちと馴染めるように工夫をしました。子どもたちの間で人気がある漫画やアニメをチェックして話に加わったり、名札を確認しながら名前を呼びかけたりしました。そのような努力を続けていたら、次第に子どもたちが打ち解けてくれるようになり、今では気軽に話しかけてもらえるようになりました。時々、生意気なことを言って挑発することもありますが、やんわりと注意すれば言動を改めます。ささやかなことばかりですが、私にとっては大きな成功です。

子どもたちと接していると、めざましい成長ぶりに驚くことがあります。挨拶が上手にできなかったのに、いつの間にか敬語を話せるようになった子どもを目の当たりにすると、心から感動します。失敗もあるけれど、成功したと感じることが多い仕事を持つことができて良かったです。

※上記文章は、実際の文章を記事用に加工したものです。

記事の編集手順

ゴールを次の2つ設定します。

  • 子どもたちの成長を見守れる仕事
  • 私にとっての成功

編集その1:子どもたちの成長を見守れる仕事

教育関連の仕事に就いています。まだ働き始めてから3年ですが、ようやく慣れてきました。子ども相手の仕事ですから、働き始めた頃はかなり緊張していました。うまく受け答えができなかったり、子ども一人一人への配慮が足りなかったりして、失敗してしまうこともよくありました。

けれど、つらいこともありましたが、努力の甲斐もあって今ではすっかり打ち解けてくれてるようになりました。

そんな子どもたちのめざましい成長ぶりに驚くことがあります。挨拶が上手にできなかったのに、いつの間にか敬語を話せるようになった子どもを目の当たりにしたりすると、心から感動します。失敗もあるけれど、子どもたちの成長を見守れる仕事を持つことができて本当に良かったです。

編集その2:私にとっての成功

教育関連の仕事に就いています。まだ働き始めてから3年ですが、ようやく慣れてきました。子ども相手の仕事ですから、働き始めた頃はかなり緊張していました。うまく受け答えができなかったり、子ども一人一人への配慮が足りなかったりして、失敗してしまうこともよくありました。話しかけたいとソワソワしている子どもがいるのに、なかなか対応できなかったために悔やんだこともあります。

けれど、落ち込んでばかりいたら働き続けることはできません。まずは、子どもたちと馴染めるように工夫をしました。子どもたちの間で人気がある漫画やアニメをチェックして話に加わったり、名札を確認しながら名前を呼びかけたり。そのような努力を続けていたら、次第に子どもたちが打ち解けてくれるようになり、今では気軽に話しかけてもらえるようになりました。時々、生意気なことを言って挑発することもありますが、やんわりと注意すれば言動を改めます。ささやかなことばかりですが、私にとっては大きな成功です。

すこし補足

今回の文章を見ていただいたら分かるように、加筆はほぼ行っていません。結論に関係ない文章を削っていくようにしました。「まずは書き出した文章」では、言いたいことが複数あることがよくあります。これらを整理し伝えたいことを絞っていくことによって、文章が分かりやすくなることがよくあります。

過去の『5分で学ぶ!文章を「 編集 」するコツ』シリーズはこちら

LINEで送る
Pocket