この記事の所要時間:320

これから起業する人に知っておいてほしいリスクや心得

今、起業を検討されてますか?
情報収集はどのようにされてますか?
起業のリスク、準備すること、色々心配ですよね。

実際に起業された方は、起業するにあたり、どんなことを不安に思ったり、決心されたりするのでしょう?
気になりますよね。

今回は、脱サラしてネットショップを立ち上げられた方にインタビューをしてきました。
ネットショップを立ち上げようと思われている方や検討中の方にとって、参考になれば幸いです。

起業したきっかけを教えていただけますか?

サラリーマンの生活を続けて10年ほど経過した頃、このまま60歳、あるいは65歳まで上司や会社の求める仕事をするだけの人生に疑問を持ちました。
「こうすればもっと収益が上がるのに…。」
「こんな使えないヤツを部下に置きたくない。」
などなど。フラストレーションが心を占めていました。

社会の背景として、この十数年間でインターネットショッピングが爆発的に普及しました。
私には自分のセレクトショップを持つという夢がありましたが、機会に恵まれず会社員をしていました。
しかし副業として楽天市場やアマゾンに雑貨店を出店しており、海外旅行をするときも日本で売れそうな商品を仕入れ、ある程度の利益を出していました。

起業をする思いは次第に強くなり、収益を出せるECサイトの作り方や、商売のハウツー本を読み漁りました。そして起業する決心をしたのです。

起業前に困ったことは何ですか?

起業前に困ったことは、精神的な問題ではありますが、安定した収入を失うことです。
得意先を作ってから仕事を辞めるのは常套手段ですが、私の場合は広く個人から収益を上げるビジネスモデルですのでその考えが通用しません。
現状の月々の売り上げを考えた上で、取り扱い商品を増やすことでどうにかなるのではないかと思えたことで、退職を決意しました。
最悪アルバイトでもすれば飢え死にすることはないと思いました。

起業前に準備したことってありますか?

起業前に準備したことは、起業後の一日の流れや年間のスケジュール、在庫を管理する方法を定め、企業活動としての基本的な形を作ったことです。「起業した。さあ何から始めよう?」では時間の無駄が多過ぎます。
後は税金関係の届け出の方法です。個人事業主になりますから、どこまでが経費として使えるのか、節税の具体的なやり方を確認しました。これをおろそかにしていると痛い目に遭います。

とにかく会社としてやっていく形を整え、脱サラというよりも転職に近い感覚で商売を始めるのが良いと考えています。

起業してみて困ったことはありますか?

起業後に困ったことは、やはり思うように売り上げがあがらないタイミングがあることです。これは自信があっても、商才のある人でも、誰もが苦労するところです。起業前に設定した売り上げ目標に無理があるとダメージが大きくなります。なので、最初から十分な売り上げをあげられるとは思わず、販売のためのマーケティングや、技術を売る人ならクオリティを向上させることに集中しました。

これから起業を考えている方にアドバイスや激励の言葉などありましたら、お願いします!

幸い、私は一人で商売をしていましたが、共同で商売をしている方はパートナーと不仲になることもあります。厳しい商売の世界、内輪で問題が起こっているようでは上手くいくはずはありません。もし撤退することになっても、撤退が決まるその日までは、今の努力や我慢が絶対報われると信じて下さい。

苦しい日々からもう3年。会社員時代より収入は下がりました。でも、誰を気にすることもなく生活の糧を得ることができていることに大満足です。そして思うことは、まだまだ商売に改善点があることです。細かな改善を続ける日々は引退する日まで続くことでしょう。商売を考えている方、夢を夢で終わらせることなく、一歩目を踏み出してください!何もせずに諦めたとしたら、後悔することになりますよ!

Pocket