この記事の所要時間:30

分かりやすい文章

クイズ形式で学ぶ「文章力」アップのコツ。第2問です。

今回は違いが分かりにくいかもしれません。
微妙な違いだからです。しかし、微妙な違いが理解できると自分の文章に活かせるようになります。
読みやすい、分かりやすい文章に出会った際には、なぜ読みやすいかについて、分析するクセをつけるようにしましょう。

それでは、問題です。

Q2.どちらもクラウドソーシングの説明です。分かりやすい方はどちらですか?

a.
クラウドソーシングとは、インターネット上で仕事を依頼したり、逆に受託できる方法です。従来は会社員や個人が行っていた作業をインターネット上でマッチングすることが可能なので、非常に便利なサービスになっています。実際、会社員をしながらクラウドソーシングで仕事を受託している人も多いですし、逆にアフィリエイトの記事をインターネット上で代筆してくれる人を探している場合も多いです。

会社員が副業でアフィリエイトをするにも便利なサービスですし、他には会社が依頼しているという場合もあります。例えばプログラミングを生業にしている企業が人手不足のために、インターネット上でプログラミングをしてくれる人を募集しているとします。

完成したプログラムはインターネット上で納品することができるので、仕事を受託した人は自宅で作業してお金をもらえるので、非常にお役立ちなサービスです。

b.
クラウドソーシングは、インターネット上で仕事を依頼したり、逆に受託できる方法です。
仕事を依頼したい人(あるいは会社)と仕事をしたい人をインターネット上でマッチングすることが気軽にできます。
仕事を依頼した側にも、仕事をしたい側にも、手軽に開始できるというメリットがあります。

実際、アフィリエイトの記事をインターネット上で代筆してくれる人を探しているとかもありますね。
クラウドソーシングで仕事を受託している人の中には、会社員をしながらという方も多いんです。

例でいうと、プログラミングを生業にしている企業が人手不足のために、インターネット上でプログラミングをしてくれる人を募集しているとします。
完成したプログラムはインターネット上で納品することができるので、仕事を受託した人は自宅で作業してお金をもらえるます。
非常にお役立ちなサービスです。

※設問中の文章は、実際の記事などをクイズ用に加工して使用しています。

A2 答え

答えはb.です。優劣をつけにくかったかもしれませんが、理由は2つあります。

  1. b.のほうが、一つ一つの文章が端的で、理解しやすくなっている
  2. センテンスのつながりがわかりやすい。

分かりやすい文章を書くコツ

  • 解釈次第で、どちらともとれるようなあいまいな文章を避ける
  • 文章のつながりを大事にし、読者の「?」を出来る限り排除する

ということを心がけましょう。


次回

次回の問題です。

Q3 読者にスッと入ってきやすい文章の作り方はどちらでしょう?

a.

  1. まずは記事で伝えたい事を明確にする。
  2. 伝えたい事を伝えるのに必要な見出し(目次)を作る
  3. 見出しごとに、文章を書き始める
  4. 全体の主張に齟齬がないか考えて、編集する

b.

  1. まずは伝えたい事を箇条書きで思いつくままに書き連ねる
  2. 伝えたいことをグルーピングしたり、順序を考えて、並べ替えていく
  3. 全体の主張に齟齬がないか考えて、編集する

最後の作業は一緒なので、そこまでの過程が問題ですね。実際に記事を書いてみると違いを試してみてください。



Pocket