偶然はコントロールできるってホントですか? PARTⅠ

2017年3月5日コラム

この記事の所要時間:210

経営者が成功の秘訣について聞かれると、「幸運に恵まれていたからです」「運がよかったんです」と答えてることってよくありますよね。

この発言を聞いて、実力もあるだろうに謙虚な人だなあと考えてしまいますよね。

でも、もしかすると・・・
謙虚でもなんでもなく、偶然をコントロールする術を知っていて、その秘訣を誰にも話したくないだけという成功者も結構いるのかもしれません。

というのも、成功者は、偶然をコントロールする方法を無意識に知っている人が多いらしいのです。

そんな魔法のような能力がホントにあるのでしょうか?

その謎を解くカギが、「セレンディピティ」です。
あなたは、「セレンディピティ」という言葉があることをご存知でしょうか?

ウィキペディアでは、次のように定義されています。

セレンディピティ(serendipity)とは、素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見すること。
また、何かを探しているときに、探しているものとは別の価値があるものを偶然見つけること。
平たく言うと、ふとした偶然をきっかけに、幸運をつかみ取ることである。

英和辞書には、
思わぬものを偶然発見する才能[能力]と訳しており、セレンディピティを能力であると考え、研究を進めている学者もいるほどです。
そんな能力がもし本当にあるとしたら、身に着けたいと思いませんか?

本コラムでは、何回かに分けて、セレンディピティを徹底解明していきたいと思います。

何回かとしたのは、何回で終わるかをまだ決めてないからなんです。
セレンディピティについてのコラムなので、初めに決めつけすぎないほうが良いかと思いまして。

今回で、終わってしまったら、そういう偶然が起きたのだと思ってください。

セレンディピティを構成する要素

セレンディピティを構成する要素は、いたってシンプルです。
偶然と察知する能力のみ。
発生する偶然とその偶然を察知する能力によって、セレンディピティは構成されているのです。

偶然は、身の回りで常に生じています。
その偶然は、発見されて初めて、日の目を見るわけです。

偶然は、あなたの目の前で常に発生しており、
それに気付くあなたとそれに気付かないあなたが存在するだけなんです。

つまり、セレンディピティとは、発生する偶然を察知する能力ということになりますね。

ここまでで、今回は終わりにしたいと思います。なんとなく。

次回は、セレンディピティを向上される方法について、説明したいと思います。
楽しみにしておいてください。
シリーズが1話で終わらなくて、よかったです。

そして、最後まで読んでくださったあなたに感謝です!

Pocket