この記事の所要時間:220

一般的に起業となれば、株式会社というイメージが強いと思います。

従来から合名会社や合資会社もありますが、平成18年に合同会社が新たに制度化されました。
株式会社は出資と経営が分離され、事項によって意思決定機関が異なりますが、合同会社の場合は出資と経営が一体ですので、意思決定構造は単純化されています。

早い話、合同会社は株式会社に比べ、スモールビジネスに最適な形態であり、小さなリスクで起業したい場合に非常に良い選択肢となりますのでご紹介いたします。

メリット

まず、合同会社において株式会社と比較し、メリットがあるのは設立費用です。
株式会社の設立時には登録免許税として15万円必要ですが、合同会社であれば6万円となります。
さらに、株式会社は定款(会社の根本的な規則を定めたもの)を公証役場で認証する必要があり、この認証費用として5万円必要ですが、合同会社であれば認証手続きは不要です。

また、決算公告の義務がありません。毎年の決算公告のための官報掲載費(6万円ほど)を節約することが出来ます。

デメリット

日本では4万社程度が合同会社だそうですが、まだまだマイナーです。
つまり、ブランド力が無い、ということであり、これが最も大きなデメリットです。
BtoBの事業ですと、少し信用が弱いと感じられる取引先も居るでしょうし、もし新たに人材を募集する際に「合同会社◯◯◯」という形ですと、なかなか人が集まりにくいわけですね。
こういった場合は最初から株式会社にするか、後々、株式会社への移行を検討することになるでしょう。
ただし、あのアップル(ジャパン)やAmazon(ジャパン)も株式会社から合同会社に移行していますので、徐々に浸透していくとは思われます。

また、これをデメリットと感じるかどうかは人それぞれですが、社長の正式名称は「代表社員」となります。
この名称は、なんとなく「社長感」が無い気がしますね。

メリットでもあり、デメリットでもある事項

合同会社の重要な決議は「出資者全員の同意」が原則となり、会社経営に関する意思決定は「出資者全員の過半数の同意」が原則です。
1人で合同会社を設立し、経営している場合は特に問題はありませんが、2名以上である場合に意見の対立があると・・・、そうなんです。色々と面倒なことが待っていそうですね。
合同会社は株式会社のように出資した金額に応じて議決権が与えられる形態とは異なり、あくまでも1人1票なのです。
よって、もし、2名以上で設立する場合は心から信頼できる仲間なら大きな強みともなるでしょう。

合同会社にすべきかどうか?

もしあなたが起業する際、下記の3点全てに当てはまる場合は合同会社とすると良いでしょう。

  • 初期費用・ランニングコストは出来るだけ抑えたい
  • BtoCの事業をしたい
  • 1名又は心から信頼できる仲間と設立する
Pocket