この記事の所要時間:320

最近の副業事情

ばれずに儲かる副業、夢がある言葉ですね。

最近は会社の規則も緩くなってきましたので、徐々に副業も認められるようになってきています。

企業側も少子高齢化が進む中では、働き手の確保は喫緊の課題ですから、副業を禁止して辞められるよりは良いですよね。また、副業を受け入れて労働力を確保する、ということも一定のメリットがあります。
さらに言えば、一定の場合を除き、就業規則上での副業の禁止は法律上許されません。そりゃそうですよね。就業時間以外はどのような時間の使い方だって良いわけです。
しかしながら、あなたの会社は副業禁止かもしれません。そこで、法律的根拠を持ち出して抵抗するのもなかなか骨が折れますし、副業がばれたらなんとなく面倒くさいことになりそうな気がします。

バレずに儲かる副業とは?

ばれない副業?

では、どのようにすれば副業がばれないか?ですが、完璧なものはなかなか難しいと言わざるを得ません。

まず、仕組みとして所得を得た場合に所得税が課せられますが、この所得というものにはいくつかカテゴリがありまして、通常、アルバイトのようなものは給与所得というカテゴリになります。
給与所得は翌年の住民税の算出に使用されますので本業と合算されてしまい、結果的に住民税が高くなってばれる、という可能性が大きくなるわけです。

ばれにくい副業

しかしながら、ばれにくい副業というのは存在します。
具体的にはネットオークション、アフィリエイトのようなものは所得税のカテゴリでは雑所得となり、本来の給与と分離して税金を納付しますので、ばれにくいのです。

特にアフィリエイトはおすすめです。

まず、ネットオークション、ECなどは実際に「物」を扱いますので手が掛かるんです。

具体的には「仕入れ」が発生します。商品在庫を持つ必要があるんですね。
もちろん、ドロップシッピングのように在庫無く販売することも可能ですが、その場合は、利益が少なくなることは目に見えています。在庫リスクが無く、利益もある、などという物販は世の中にはあまり無いでしょう。
また、商品になんらかの不具合があれば、問い合わせ対応もしなければなりませんし、梱包も発送もしなきゃいけないわけです。商品にもよりますが、モノ自体が大きいものはスペースだって必要になってきます。

私も一時期ネットオークションやドロップシッピングを使ったECなどをやってみましたが、やはり手がかかる割にあまり儲かりません(笑)

しかし、アフィリエイトに関しては文章を書きアフィリエイトのタグを貼るだけですので、それほど時間は掛かりませんし、実際に出ていく費用はサーバー代や画像使用料(無料のものもあります)くらいのものです。

掛かったとしても、月に数千円程度です。一昔前とは違い、今では安く良いサーバーもありますよ。WordPressが使えるサーバーが良いでしょう。技術的な知識もあまり必要ありません。


ばれずに儲かる副業

もちろん、アフィリエイトも万能ではありません。

まず、稼げるまでに掛かる時間はそれなりに長い道のりですし、月に1万円以上稼げているのは全体の数%と言われるほど狭き門です。これは記事の質や記事の量が重要になってきます。つまり、集客やセールスコピーといった「売るスキル」と、根気よく「続けるスキル」、この2つが必要になってきます。

私の知る限り、アフェリエイトにおける大抵の失敗例は収益化するまでに時間が掛かって飽きてしまうことです。

しかし、大きなリスクはありませんし、ビジネスとして重要な「売るスキル」「続けるスキル」が身につきます。
最終的に独立起業するにせよ、副業を楽しむにせよ、基本的には「売るスキル」、すなわち「集客力」が無ければ非常に苦労しますし、何事も続けられないなら、本当の意味での成功も失敗もしませんよね。

よって、まずは上記を念頭に置きつつ、気軽にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。



Pocket